東京中小企業家同友会 品川支部の公式WEBサイトです。 中小企業家同友会は社会貢献が出来る良い企業づくりのために共に学び成長する経営者の全国組織です。

6月例会  38歳破天荒経営者が歩んだ道に学ぶ(チャレンジが繋がりを創る)

例会報告

 平成28年6月16日、品川支部6月例会が中小企業センターにて行われました。

 今回の報告者は、数々の異なる形態の会社を立ち上げ現在11社を経営している藤本俊和(ふじもととしかず)さん(株式会社ファーストディグリー代表 http://www.firstdeg.com/ )です。

 

 学生時代から企業家として、一から勉強して顧客を獲得し、軌道に乗せてきました。その中で培った顧客獲得の経験や敢えて困難な道を選んでいる藤本さんの経営理念、人生観を学び、刺激となりました。

絶えずチャレンジしている元は15-6歳での生活環境の中でやらないと生きていけないという精神が根底にありました。

凄まじい環境で養われていました。また成功体験だけでなく、失敗の中でもチャンスをものにしたり、ポジティブに考えている思考が人生前に進んでいることが共感できました。

 

グループ討論でも「やれない事はない」という言葉が飛び交っていました。

広報部 滝口政行

 

<藤本俊和さんのプロフィール>

 高校時代から9社の会社を立ち上げる。

 2007年、現在の会社を設立

 2010年、現在の会社にて本格的に創業

 東京中小企業家同友会品川支部 会員 

 【業務内容】

 クレジットカード決済サービス関連業務

 インフラコンサルティングサービス関連業務

 スマートフォンアプリ制作 人材派遣

 ◎経営理念

 ―感謝の輪と共に在る―

 弊社に関わるお客様、取引先様、地域あらゆる関係者様にとっての存在意義を重視します。

 ―成長と挑戦の環境を追求する

 従業員の成長環境を追求し組織マインドのクオリティを高階層で実現し続けます。

 ―世の中を今よりも便利に、楽しく、未来へ

 お客様の環境がより素晴らしくなる様、提案を行います。

支部長からのご挨拶です

波乱万丈のお話です。

様々な成功談、失敗談そして未来へむけた展望も熱く語られました。

グループ討論も連鎖し参加者の方々の将来に対するビジョンを語り始めました。

懇親会でも色々な意見が飛び交っていました。

臨場感あふれる感想をいただきました。鈴木美香さん。本当にありがとうございました!

38歳にして会社を10も経営と聞くだけで、一体何者かと思わず身構えてしまう感じがありました。実際経歴を聞いていくと展開があまりに劇的でついていくのが大変でした。お話された内容がひとつとしてフツーの話はないんです。アゴが外れるような話がこれでもかこれでもかと。ひとつひとつの出来事のスパンがごく短く、毎年というか毎月イベントが勃発し続けたような状態かと思われます。それは当然ですよね、15歳で起業して23年間のうち、7つの会社を経営して一旦全部手放し、就職して新企画を次々と生み出してズバッと退職、再び起業、そして現在も。これがもし小説や朝ドラだったらあまりの展開に「ありえない!非現実的すぎる!」という声が殺到しそうです。でも本当なのですから。最初から最後まで口ポカで聞いていたわたくしです。おそらく瞬きもろくにしていなかったと思います。

印象的だったのが、出だしの負け戦。これも半端じゃないんです。それでも怯まずどんどんグルグルバリバリじゃんじゃん、私が会社でため息をついている間に1ヶ月くらい先に飛んで行ってしまうようなあまりの展開に、ただボーゼンとしていました。

翻って、自分のチカラってなんでしょう。なぜ出来ないことにしたり明日に延ばしたりしてしまうのでしょう。彼に比べれば私の人生は超スローモーションです。それどころかほぼ止まっているに等しい。同じ国の同じ時代の同じ空気、同じ空の下、この差は一体なんだ!なんなんだ‼︎と叫び出したい気分です。「この世界は全て自分が生み出している」という古事記の教えを痛切に感じた講演でした。講演内容のダイジェストですら私にはとても書き切れませんので、次回きっかけをつかんで直接ご本人にお聞きください!想定外の塊です!

 

㈱日米商会 鈴木美香