東京中小企業家同友会 品川支部の公式WEBサイトです。 中小企業家同友会は社会貢献が出来る良い企業づくりのために共に学び成長する経営者の全国組織です。

品川支部5月例会「Noと言わない先に無限の可能性」


2012年5月17日(木)18:30より品川区大井町駅前のきゅりあん中講習室にて東京中小企業家同友会品川支部(角田支部長)5月例会が開催されました。

「NOと言わない先に無限の可能性」~FC本部役員と加盟店社長の二束のわらじ経営~をテーマに株式会社山﨑商会代表取締役、ヤマダ電機グループ株式会社マツヤデンキ執行役員の山﨑敦久氏を報告者としてお迎えしました。山﨑氏は二代目経営者で、米国にてMBA取得後、経営難のご実家の家電店に入社。独立した店舗からFC加入への道を選択、ところが本部の思わぬ民事再生により経営危機に。FC本部の再建に尽力。大手家電店と町の電気屋さんの両方のメリットを家電販売の新しいスタイル確立の柱とした。

『NOと言わない』頼まれたことは断らない。自分の可能性を否定しないところに多くの人が集まる。どんな状況でもポジティブに捉え飛び込んで行くことで飛躍する。例会チラシからの抜粋を再度ご紹介いたしましたが、家電業界のこの怒涛の10年の流れを踏まえながら、自社と自身の考え方と行動をいつもの明快な語りであっという間の2時間半でした。

 

それでは、当日ご参加頂きました小林けさみ様の例会ご感想をご紹介させていただきます。

 

NOと言わない先に無限の可能性」を聞いて。

    小林はり・きゅう院「きらく」小林けさみ

http://hari-kiraku.moo.jp/01-kesami_syokai/kesami.html

 

 NOと言わない・・・感想を頼まれたらNOはいえませんが、

途中聞いていてなんだか涙が出そうになったのに、それがまだ言葉にはなりません。

 自分で開業をして良かったことは、世の中の仕組みが解ったことそしてそこには

責任を負って動いている素敵な方たちがいると言うこと。

山崎さんの話を聞いてまた一人素敵な方を知ったと言う涙だったのかもしれないし

 最近では続けることの大変さを実感しているので、並々ならないことを経験されているんだろうなぁ~ということへの感動と尊敬の念かもしれない。

 NO!と言わない、その全てを受け止めて経営をしている姿がとてもすがすがしく

聞いていてとても気持ちが良かった。できるところからまねをしてゆくことができたら幸せだが、この話を土台に細かいところも聞いて見たいと思った。

                                                                        

 

小林様原稿有難うございました。

 

今回の例会は、参加人数24名(ほど)で会場も落ち着いたこじんまりとした雰囲気で行われました。5月例会幹事の矢沢さんも感じておられましたが、大人数の例会も盛り上がっていいと思いますが、これくらいの人数もこれまたこれで良かったという印象です。グループ討議も、発表者泣かせながら、テーマからどんどん脱線して話が膨らんでいきましたし、つっこんだ対話ができたのではないでしょうか。お互いの仕事、ほんとに知っていますか。単なる業界、会社名だけでは、決してわからない会員さんのお仕事、悩み、成功談、これはおもしろいといっては失礼な表現かもしれませんが、もう一度つっこんでお互いの会社のこと知りたくなりました。

 

 

文責 広報委員5月担当 株式会社ダイニチ・コーポレーション 吉田元之(憲右)

 

 

 

5月例会アンケート
《5月例会》20120517 例会アンケート HP用.pdf
PDFファイル 951.7 KB