東京中小企業家同友会 品川支部の公式WEBサイトです。 中小企業家同友会は社会貢献が出来る良い企業づくりのために共に学び成長する経営者の全国組織です。

4月総会&記念講演~3・11中小企業家たちはどう戦ったか?

そして未来の岩手・日本の為に何をするべきか!

記念講演全景
記念講演全景
村井氏近景
村井氏近景
懇親会風景
懇親会風景

H24年4月19日(木)、品川支部の総会、記念講演及び懇親会が中小企業センターにて行われました。総会では、2期目になる角田支部長から、H24年度スローガンとして「『紡ぐ』本音でつながってビジネスを拡げよう」を掲げ、培ってきた経営力と築いてきたメンバーとで、さらに売上を伸ばせることができるような実践的な活動を皆でやりましょうと述べられました。

総会、記念講演&懇親会について、㈱味工房スイセンの代表取締役 小林高暁さんから感想をいただきましたので、下記掲載させていただきます。

31回総会、記念講演並びに懇親会の感想                                          

 419日中小企業センターで第31回総会が行われました。

 震災から一年、私たちを取り巻く経済環境はまだまだ不安定ですが、常に学びの心をもって、明るく元気に、そして「紡ぐ」のスローガンの下、これからも会員相互の交流を深めて参りたいと思います。

 第二部は岩手県の造り酒屋「株式会社あさ開(あさびらき)」5代目社長村井良隆様(岩手同友会代表理事)をお招きし、記念講演をしていただきました。

 村井様からは、震災復興に関わるお話もさることながら、日本酒製造と言う伝統産業を営む立場から、どう発想の転換を行ってきたかという点について、多くの示唆に富んだ興味深いお話を聞かせていただきました。

 日本酒の国内消費量は年率マイナス8%、従来の販路であった酒屋さんは流通改革により十分の一に、そして赤字に苦悩する日々。

 こういった環境激変の中で、売上が伸びないのは売り方が悪いのではなく、「会社が必要とされていない」からだ、と気づかれました。

 今のこの世の中では、必要なモノしか残れない・・・。

 ならばお客様や地域、そして従業員から「必要とされる会社」「必要とされる商品」を作ろうと一心発起 ここから氏の「理念経営」が始まります。

※㈱あさ開 経営理念

◎株式会社あさ開は、全社員の物心両面の幸せを追求いたしま 

 す。

◎株式会社あさ開は、すべてのお客様の食の場における「喜び」「楽しみ」「くつろぎ」に貢献いたします。

◎株式会社あさ開は、岩手の食を通じて地域の未来に貢献いたし

 ます。

 

 当社では仕出し料理・ケータリングサービスを主たる業務としておりますが、料理を作るだけで無く、ご提供する上では洗練されたホスピタリティーが重要ですが、氏のおっしゃる通り、マニュアルではなく臨機応変な現場力が大事、経営者と従業員が「哲学と理念」を日頃から共有していることが大切であると教えていただきました。

 そして第三部は懇親会、村井様は大変多忙なスケジュールの中、最後までご一緒して下さいました。

 私は日本酒が大好き、でも翌日が怖くて日本酒をあまり飲まない、とお話したところ、それは大間違い!あさ開のお酒は絶対悪酔いしないそうです。

 早速展示即売品を購入、最後に後藤せき子幹事に力強いご挨拶をいただきました 元気の良さにこれまた感動!

 とても有意義なひと時でした。

           ㈱味工房スイセン 代表取締役 小林高暁

           http://www.suisen-jp.com/index.html

復興支援HPhttp://www.catering-suisen.com/info/savejapan.html