東京中小企業家同友会 品川支部の公式WEBサイトです。 中小企業家同友会は社会貢献が出来る良い企業づくりのために共に学び成長する経営者の全国組織です。

7月例会報告『問題発見・解決型経営』で売上10億円を目指し

2代目経営者になるべく修業中!

45名の参加を得てにぎわう7月例会

報告をされる金岡真由美さん

最後に登壇される金岡さんの父、現社長

自社の問題を考えるグループ討議

懇親会にて

懇親会にて

721日に品川支部の7月例会が行われました。

テーマは、「『問題発見・解決型経営』で売上10億円を目指し、2代目経営者になるべく修行中!」で報告者は新会員の日本システム開発㈱の金岡真由美さん。つねに真摯で前向きな金岡さん、新卒で現場から入りそこで感じた種々な問題を社員さんと話し合いながら草の根的に解決してこられた20余年の経緯と事例を報告いただきました。最後の5分に金岡さんの父である現社長の登壇もあり、金岡さんの親交あるご友人の経営者も大勢来てくださり、参加者45名を数え大盛況でした。

「今までもこれからも経営の肝は”人づくり”」と締められ、さらにここまでこれたのも社員さん、関係各位、そして初代社長のお蔭であると、思いをこめての感謝の意を表されたのが胸を打ちました。カリスマ1代目さまもすばらしいですし、温かいオーラを放つ真由美さんもとても素敵です!お疲れさまでした!そしてありがとうございました!

下記、グループ討議で「経営者は雑草のようであらねばならない」と印象的な言葉を述べられた金岡さんのご友人の㈱日華の曹璟さんから感想をいただきました。(最後の写真の右端の女性)

 

「同友会品川支部7月例会に参加して」

2011721日、私は初めて東京中小企業家同友会品川支部7月の例会に参加しました。そのきっかけは同友会の会員であり、今回の報告者である日本システム開発株式会社常務取締役 金岡真由美さんからのお誘いでした。私は日本で21年間生活して来た中国人ですが、色々な会の会員になっていますが、同友会は他会と何が違うのかを探そうと興味を持って参加しました。

 一番の印象は経営者の会であること。交換した名刺は皆様経営者です。実は私も14年間小さいソフトハウスを経営しています。経営者同士として、きっと共通点が多いと思いながら、今回の金岡さんのスピーチを聞きました。

 2代目経営者の話はよく耳にします、でも今まであまり実感がなかった。今回は初代社長と2代目経営者が同時に同じ会場に現れ、これは両方の話が聞ける機会と思って、なるべく二人の側に居て、一生懸命話を聞こうと思って努力しました。

 結果は豊富でした。まず、経営者同士の苦労は同じかなと思っていましたが、実は違いました。初代の苦労は創業です。0からスタートで、かなりの勇気と勝負性が必要です。元々何もなかった、最初はお客を探し、売り上げと利益の悩みから企業文化の構築まで、すべて考えなければならない。その次は社員の悩みまで話を聞かないとついてこない。2代目は初代と違って、初代の悩みも勿論全部頂く上に、プラス初代経営者の影響力の壁。また既存の社員は初代の経営者に慣れていて、2代目がその壁を破って超えることも難しい。特に金岡社長のような立派な経営者であれば、2代目の常務は悩みが多いと感じました。

 私自身も初代経営者です。名古屋から発足、現在東京、中国上海、瀋陽、南通拠点を持つ小さいなソフトハウス。日本人経営者と同じ悩みを持つ上に、日本人と考え方が全然違う中国人の社員を持っています。会社の経営と社員のモチベーションは常に頭の中で悩んでいます。同友会での交流は本当に有意義、特に組みを作り懇談することは素晴らしい。沢山の経営者の生声を聞き自分の栄養素になりました。これからも、もっと勉強したい、沢山の栄養をください。同友会の皆様に本当に心から感謝しております。有り難うございました。

                        株式会社 日華 代表取締役 曹璟

                                  URL:http://www.nkcs.co.jp

 

7月例会参加者アンケート シェア
最後に参加者の皆さまからいただきました貴重なアンケートです。
お名前等は載りません、他の方がどう感じられたのか個々の学びのためにそのまま公開させていただきました。
ご覧くださると幸いです。
20110721 品川支部例会アンケート結果.pdf
PDFファイル 782.1 KB