東京中小企業家同友会 品川支部の公式WEBサイトです。 中小企業家同友会は社会貢献が出来る良い企業づくりのために共に学び成長する経営者の全国組織です。

5月例会報告-あきらめない! 独自化へのチャレンジ

去る 2011年5月19日(木)、品川区中小企業センターにて、株式会社文化堂の山本敏介氏(取締役執行役員 管理本部長)を報告者に迎えて、品川支部5月例会を開催しました。

イエスアジア・ドットコム・ジャパン株式会社 代表取締役の

小野依美佳さんから、当日のレポートを頂きましたのでご紹介いたします。

 

イエスアジア・ドットコム・ジャパン株式会社

http://www.yesasia.com/global/ja/home.html

品川支部5月例会レポート

 5月例会のテーマは「あきらめない!独自化へのチャレンジ ~58年間黒字経営」と題して、株式会社文化堂の取締役執行役員・山本敏介氏がご報告されました。

 山本さんは、大手GMSが規模の経済にものを言わせて圧倒しがちなスーパーマーケットという業界で、文化堂さんがいかにその独自性を確立し、地域密着型スーパーとしてその地位を固められてきたかをエネルギッシュに語られました。中でも印象的だったのは、「経営理念の堅持」と、「店舗第一、個店対応」という点です。顧客第一という経営理念は、小売業ならばどこでも持っていそうなものですが、そう言っていながら実は利益が優先されたりするのが「経営理念のブレ」ではないかと思います。文化堂さんは、そこを絶対にぶれさせないという強い意志を持っていらっしゃるところが、地域のお客様にも伝わっているのではないかと感じました。また、個店対応によって各店舗の顧客のニーズに適確に応えると同時に、現場に権限を委譲することでモチベーションの向上にもつながっているというお話も興味深いものでありました。

ご報告後のディスカッションテーマは「独自化」でした。私たちのグループはサービス業の方が多かったのですが、やはりその市場にどれだけ競合がいるかということによって独自化への意識というのは変わってくるような気がします。弊社ももともとはニッチな市場(アジアのエンタテイメント)でしたので、これまで独自化というよりはむしろ合理化に力を入れてきましたが、近年の韓流ブームで一気に競合が増え、ようやく独自化について考え始めたところです。文化堂後藤会長の「中小企業は独自化さえすれば生き残れる」というお言葉がとても印象的でした。

私にとっては久しぶりの例会だったのですが、やはり同友会の方は皆さんモチベーションが高いなぁと感じました。昨年中小企業診断士の試験に合格しまして、今年の夏に実務補習として実際の企業でコンサルティングを行なうのですが、こうした生の体験談を多く伺うというのは予習としても大変役立ちそうです。どうもありがとうございました。

5月例会で参加者のみなさまから頂いたアンケートを公開いたします。

 

「経営体験報告を聞く」「 グループ討論に参加する」に次ぐ学びの柱

 

「アンケートを公開して、他の参加者とお土産をシェアする」

 

を実践できます。以下のアイコンから参加者アンケートをお持ち帰りください。

2011年5月例会 アンケート
201105enq.pdf
PDFファイル 1.7 MB

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    スタイル・アンド・カンパニー佐藤 (木曜日, 26 5月 2011 00:40)

    例会報告拝見しました!
    当日参加できませんでしたが、公開アンケートを楽しく拝見しました。
    JINDOのHPも素敵です。