東京中小企業家同友会 品川支部の公式WEBサイトです。 中小企業家同友会は社会貢献が出来る良い企業づくりのために共に学び成長する経営者の全国組織です。

支部長ご挨拶

2016年度品川支部の支部長を拝命致しました貝塚と申します。

 

支部長の任期は2年間、前支部長が「刺激の連鎖」をスローガンにおいて、会員間交流や、ビジネスマッチングなどの成果を上げてまいりました。より一層の支部活性化をする為に、本年度は「共に学ぶ」をスローガンに置き会員企業の社業の発展に貢献できる支部作りを目指して活動してまいります。

 

活動の大きな柱として、「基本に忠実な例会作り」、「会員の増強」を掲げ毎月第3木曜日に同じ会場で、同じ時間に、そして懇親会も同じお店で行い、基本に忠実な例会を開催すること、また、任期2年間の間に、120名が所属する支部にする為に、例会やその他の支部活動に参加しやすい環境を整備すると共に、会員間の懇親をより一層深めてまいります。

そうする事で、経営品質の向上・会社をとりまく総ての人々を幸せにする事ができ、自ずと会員数が増えてまいります。

 

度品川支部会員、その他品川支部を支えて頂いている総ての方々が幸せになる事をご祈念申し上げ支部長挨拶とさせて頂きます。

東京中小企業家同友会 品川支部長 貝塚 克実

支部スローガン

「共に学ぶ」~経営品質の向上・会社をとりまく総ての人々を幸せにするために~

2016年度支部活動 基本方針

本年度は、世界情勢が混沌とする中、大企業には明るい兆しが見えつつあるものの、中小企業をとりまく環境は、依然として厳しい状態が続いていると言わざるを得ない。しかしながら世の中の景気が悪くなろうと、東京中小企業家同友会の理念、「良い会社」、「良い経営者」、「良い経営環境」を目指すことに変りは無く、品川支部においても、昨年の活動は継続しつつ更なる発展をするに当り、今一度、東京中小企業家同友会の理念に副い例会や品川塾、戦略経営研究会と多岐に渡り会員相互の関係及び学びの場を提供してまいります。また、例会を通して、よい会社、すぐれた経営者、よりよい経営環境を作るために「共に学ぶ」事をスローガンにおいて活動してまいります。そうすることで、会員増強にも繋がり、会員企業が、経済を牽引する力になり、社会の主役になると思っています。

中小企業の元気が日本の元気になるよう同友会の理念を忘れず、またスローガンの基に活動していく中、品川支部も若返りを果たすべく、新しいメンバーに関しては、入会早々幹事になって頂き、運営側の経験をつんで頂き、そして、支部会員が率先して講師として登壇するよう促してまいります。

最後に、昨年目標に置いた、新入会員の増強に力を注ぎます。2017年度終了時には120名以上のメンバーが在籍する団体になる事を本年度も目標に置き活動してまいります。

活動方針

1. 支部運営については2017年度品川支部組織図により運営致します。

経営共育委員会

経営指針に関する勉強会及び見学会、品川塾の活動から経営指針成分化セミナーへの参加を促す          

産学交流委員会

立正大学経営学部経営総合特論への講師派遣、立正大学橘花祭への参加、戦略経営研究会の開催

会員交流委員会

新入会員の増強、退会者を減らす為の活動、また、ビジネスマッチングによる会員相互の懇親を深める

広報委員会

会員企業、支部例会等の活動報告及び告知、ホームページの活用、他媒体の広報(しながわ産業ニュース、ケーブルTV品川)の活用

政策渉外委員会

品川区に対する政策提言、品川支部会員の状況把握、東京同友会政策部の勉強会等への参加、品川区及び関係諸団体との交流、他支部との連携強化及び渉外活動

2. 全体の運営については支部長、副支部長、相談役、委員長が中心になり幹事会で討議し、決定致します。

3. 新任幹事や幹事会へのオブサーバ参加者の随時募集

4. 同好会活動による支部活動の活性化を図ります。

5. 2017年度例会運営は毎月第3木曜日に開催することで、広く会外の方に参加していただき会員増強に繋がる運営を致します。